ももクロまとめ戦争

ももいろクローバーZ(百田夏菜子、玉井詩織、佐々木彩夏、有安杏果、高城れに )の画像、動画、まとめを紹介し、最上級のhappiestを届けるブログです。


     

    Quick_Japan

    QJ

    【【雑誌】ももクロ特集掲載!『Quick Japan(クイック・ジャパン) vol.110』2013年10月12日発売!!】の続きを読む

    611

    Quick Japan vol.108

    【第1特集】全62ページ
    マキシマム ザ ホルモン
    加減を知らない輩

    ◆最新ライブレポート 5.11 OZZFEST JAPAN 2013
    誰より過剰に燃え、その火を燃え移してゆく
    ◆Live Photo「究極の洗濯」
    ◆メンバー全員インタビュー
    「これを超えたら誰か死ぬなって。死人が出るまで止まらない感じだった」
    ◆マキシマムザ亮君 全作品振り返りロングインタビュー
    「結局、僕は友達が欲しいだけなのかもしれない」
    ◆殿堂入り20tweet マキシマムザ亮君セルフレビュー
    ◆ホルモンTシャツ制作裏話 マキシマムザ亮君×福島政和(ROLLING CRADLE代表)
    ◆新作アルバム超最速セルフレビュー! 


    【第2特集】全32ページ
    佐々木彩夏(ももいろクローバーZ)
    自分だけの色

    ◆ドキュメント ももクロの春2013【前編】
    ─『五次元ツアー』
    春の一大事』 個の力、個のカラーは、より大きく鮮明に
    ◆ロングインタビュー 「あーっ、なんかどんどん欲が出てきた(笑)」
    ◆ドキュメント ももクロの春2013【後編】
    ─『子供祭り』『オズフェス』 女川町訪問
    「これから私たち、お友達です」
    ◆5.16-17『Ustream大賞受賞記念 24時間いただきますっTV』舞台裏密着レポート 

    【第3特集】全18ページ
    瑞季(私立恵比寿中学)が離れない。

    ◆エビ中メジャーデビュー1周年&2年目初日公演レポート
    瑞季が照らす私立恵比寿中学
    ◆単独インタビュー 瑞季が考えるエビ中で果たす役割
    「自分を前に出さず、バランスを良い感じに保っていけたらいいかなって」
    ◆瑞季が見たエビ中メンバー


    【第4特集】全11ページ
    韓国インディペンデント・ロック 現地リポート
    社会と向き合って生み出される韓国ユースカルチャーのリアリティ


    【センターカラー】
    (((さらうんど)))/夏帆/柴田隆浩(忘れらんねえよ)
    印象派/本田 翼/ライセンス/USA(EXILE)


    【レポート】
    ◆『惡の華』押見修造インタビュー
    「思春期あるある」を超えた恥ずかしさを直視してほしい
    ◆じん(自然の敵P)カゲロウプロジェクトの世界
    「少年少女よ、前を向け」
    ◆祝出産! ハマケン(在日ファンク)、父になった心境をベビーザらスで初告白! 
    ◆アップアップガールズ(仮)、ナカG『推しメン最強伝説』と初対談
    ◆劇団ひとり×岩井秀人、『ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE』感想戦
    ◆片平里菜 2号連続インタビュー第2回 初シングル「夏の夜」に込めた想いを語る
    「考えたり、悩んだり、落ち込んだりしないと、曲を書く気にならないと思う」
    ◆SUZUMOKU短期連載「徒然煙草」~1本目~
    ◆対談 園 子温×石崎ひゅーい
    「もし音楽をやっていたら君みたいな歌をうたっていた」
    ◆Revoインタビュー Linked Horizon×『進撃の巨人』の化学反応
    ◆やついいちろう、目覚ましいDJ活動について語る

    kwkm

    カルチャー誌「QuickJapan」の別冊単行本「Quick Japan Special Issue ももいろクローバーZ ~The Legend~ 2008-2013」の発売を記念して、同誌のオフィシャルサイトに「川上マネージャーを囲む会」と題した座談会インタビューが公開された。

    西武ドーム公演直後に行われた座談会には、ももクロのマネージャー川上アキラ、「QuickJapan」編集長の藤井直樹、ライターの小島和宏が参加。「Quick Japan Special Issue ももいろクローバーZ ~The Legend~ 2008-2013」を読みながら、ももクロの変遷やファンとの関係など彼女たちにまつわる興味深いエピソードを多数披露している。
    http://www.ohtabooks.com/quickjapan/special/003_00.html

    ソース:http://natalie.mu/music/news/89311(ナタリー) 


    image2

     image5image6image7 

    image8 image9 image10


    image2
    image18
    image19
    image20
    image21

    【内容紹介】

    Quick Japan Special Issue
    ももいろクローバーZ
    ~The Legend~
    2008-2013

    定価1400円(税込)太田出版刊
    A5判268ページ オールカラー
    「紅白の向こう側」へ続く道のり、その5年間に巻き起こした「伝説」のすべてを収めた、
    怒涛のオールカラー全268ページ! 
    紅白の舞台裏を6日間に渡って独占密着した秘蔵レポート、最新ロングインタビュー、
    撮り下ろしグラビアをはじめ、各方面で大反響を呼んだ『Quick Japan』vol.95とvol.102
    の「100ページ全力特集」を完全収録した永久保存版のバイブル、ここに誕生。

    【第1章】紅白の向こう側

    ◆独占完全密着 2012年12月27日~2013年1月1日
    『第63回NHK紅白歌合戦』舞台裏ドキュメント
    そして5人の少女たちは、「紅白の向こう側」に広がる新たな夢の舞台へ走り出す。
    ◆“向こう側"の風景──
    ももいろクローバーZロングインタビュー
    「いつか国立競技場さえも、通過点に変えられたら」
    ◆川上アキラ(マネージャー)インタビュー
    「ももクロは、常に“今"が一番面白い」
    ◆石川ゆみ(振付師)インタビュー
    『大丈夫だよ』の一言があれば、彼女たちはずっと走り続けられる」


    【第2章】〈無印時代〉
    「6マイナス1」の瞬間 (初出 Quick Japan vol.95/2011.4)

    ◆論考「ももいろクローバーは現在を生き続ける」
    ◆メンバー15,000字インタビュー
    「“これがももクロ"という終わりが見えないグループになりたいです」
    ◆全PVメンバーセルフ解説
    ◆証言集「メイキング・オブ・ももクロちゃん」
    前山田健一(楽曲制作)/佐々木敦規(ステージ演出)/石川ゆみ(振付師)/米村弘光(衣装)/河谷英夫(PV監督)
    ◆ももいろクローバー 完全ヒストリー2008-2011
    ◆山里亮太、早見あかり脱退を語る。
    ◆5人から早見あかりへ直筆メッセージ
    ◆早見あかり「ももいろクローバー追想」
    39ページ撮り下ろしグラビア、ラストメッセージ…


    【第3章】〈Z以降〉
    たった5人の少女が起こした革命 (初出 Quick Japan vol.102/2012.6)

    ◆プレイバック2011.4.10
    ◆あの日、横浜アリーナのステージの上には、覚醒した5人の少女がいた
    ──2012.4.21-22『ももクロ春の一大事2012』観戦記
    ◆メンバーが語る「今」と「未来」
    13,000字インタビュー 「私たちには、アイドル史上、前例のない目標がある」
    ◆全PVメンバーセルフ解説
    ◆全曲解説
    ◆ももクロ歴代衣装トップ10
    ◆ももクロ流 全力エクササイズ
    ◆ロング対談 山里亮太×前山田健一「一遍上人って、こんな感じだったのかなって」
    ◆至近距離からの真実──川上アキラ、最強の5人を語る。

    【増補改訂】ももいろクローバーZ 全国主要ライブ解説2011-2013

    【増補改訂】ももいろクローバーZ 完全ヒストリー2011-2013

    【あとがきにかえて】
    百田夏菜子(リーダー)が初めて明かす、「本当の気持ち」

    4月13日(土)・14日(日)西武ドーム大会物販エリアにて1週間早く先行販売!
    *数量限定につき、売り切れ次第終了となります。

    このページのトップヘ