昨日4月30日、ももいろクローバーZの玉井詩織、有安杏果、高城れにが埼玉・東武動物公園を訪問。ホワイトタイガーの4つ子の赤ちゃんと対面した。

ももクロは子供限定ライブ「子供祭り」を5月5日に東武動物公園内ハッピーオンステージで開催する。今回はその縁もあり、3月16日に同園で誕生した4つ子のホワイトタイガーを見学することに。なおベンガルトラの白変種となるホワイトタイガーは全世界に約200頭、国内には30頭ほどしかいない希少種で、その4つ子が生まれたというニュースは現在大きな注目を集めている。

園内動物園ゾーンにたどり着くと、動物があまり得意ではない有安が周囲を警戒。マレーバクの檻に止まっているカラスに驚き、玉井と高城が「フラミンゴ、キレイだねえ」と水を向けると「ムリムリムリムリ!」と連呼する。しかし飼育員の案内で一般公開前のホワイトタイガーの赤ちゃんと対面した有安は「目が青くて外人さんみたい」とひと言。「色が超キレイ」「めっちゃホワイト」と語る玉井と高城とともに「かわいい」を連発していた。

さらに一行はお父さんホワイトタイガー、ロッキーへのエサやりも体験した。体長約2メートル30センチ、体重約140キロという巨体を前に完全に腰が引けていた有安だったが、長い棒の先についた生肉の塊をそっと口にするロッキーの姿に「優しく食べてくれた」と笑顔を見せる。一方、玉井と高城は終始余裕の表情。飼育員からエサが馬肉であることを教わった玉井は毎日馬刺しを食べられることをうらやましがり、高城は馬のモノマネをしながら「困っているのかい? ボクの肉をあげるよ」と何度もエサをやっていた。

今回の来訪ではホワイトタイガー見学だけでなく、水上ジェットコースター「カワセミ」にも挑戦。絶叫系アトラクションが得意な玉井、有安が搭乗前からノリノリの中、高城が1人「これ、生命にかかわるやつだから」と沈んだ顔を見せていた。しかし玉井が「私たちがなんで東武動物公園に来たのかわかってる?」と、明らかに来園の主旨を間違えた説得を試みた結果、3人揃って搭乗することに。コースを1周したコースターから降りた高城は、満面の笑みの2人に手を引かれつつ、憔悴しきった表情を浮かべていた。

そして5月5日の舞台となるハッピーオンステージにたどり着くと、3人は客席とステージの様子をチェックする。口々にライブ当日の演出プランなどを語り合い、園内を案内してくれた係員とステージ上で記念撮影をして、東武動物公園をあとにした。

その後ナタリーでは、来園できなかった百田夏菜子と佐々木彩夏と合流した玉井、有安、高城を直撃。百田、佐々木とともにホワイトタイガーの写真を眺めつつ、改めて昨日の感想を語ってもらった。またその席上、5人は5月5日の「子供祭り」についてもコメント。百田が「私たちも来てくれた子たちと一緒にふざけたいよね。ちょっとお姉さんぶってみたり、兄弟みたいな感覚でみんなと楽しめたらいいなと思います」と語ると、有安が「みんなで歌ったり踊ったりしたいですね」、佐々木が「私たちが保育園の先生みたいになって、おままごとや、かくれんぼをしてみても面白そう」、高城が「せっかく動物園なんだし、ちっちゃい子が喜ぶように動物の着ぐるみを着てみたい」とそれぞれにアイデアを口にしていた。当日どんなステージが繰り広げられるのか、今から楽しみにしておこう。

なお東武動物公園では5月2日より、ホワイトタイガーの4つ子の赤ちゃんを一般公開する予定となっている。ももクロが「世界共通語だ」と太鼓判を押すホワイトタイガーの姿もお見逃しなく。

【ももいろクローバーZコメント】
 
——ホワイトタイガーを見た感想は?

高城 トラなんだけど一見シマウマっぽいじゃないですか。私たちもああいうフェイントをかけられるアイドルになりたいです!

有安 うん、タイガーだから大きくて怖いイメージだったんだけど、超優しかったし。エサも優しく食べてくれて、とてもおだやかでした。

玉井 あとあのお父さんの堂々とした立ち居振る舞い方は見習ったほうがいいと思う。

百田 写真で見ただけでも目力がスゴいですよね。赤ちゃんはめっちゃかわいいのに、お父さんには豪快なキングのオーラがあるというか。

玉井 人間相手にも「オレの姿を見ろ」と言わんばかりだったあの姿は言葉の壁を越えてましたからね。

百田 だからきっとホワイトタイガーって世界なんですよ! 動物だから言葉は通じないんだけど、全世界の誰もが観ているだけでうれしい気持ちになる。ももクロもホワイトタイガーみたいに言葉の通じない世界の人にも楽しんでもらえるようになりたいです。

佐々木 ホワイトタイガーってきっと世界共通語なんですよね。だからももクロも世界共通語になりたいです!

ソース:http://natalie.mu/music/news/89755(ナタリー)

現在ホワイトタイガーの赤ちゃんは展示場の環境に慣れるための訓練中。
1

入園前、東武動物公園東ゲートで記念撮影する有安杏果、玉井詩織、高城れに(写真左から)。
2

3月16日に誕生したホワイトタイガーの赤ちゃん。3人はホワイトタイガー舎のバックヤードで飼育中の赤ちゃんと対面した。
3

ホワイトタイガー、ロッキーにエサをやる玉井詩織。
4

ロッキーにおっかなびっくりエサをやる有安杏果。
5

ホワイトタイガー舎の前でカメラに収まる3人。
6

ホワイトタイガー
7

動物園ゾーンに足を踏み入れると同時に、周囲の動物に脅える有安杏果(写真右)。
8

玉井詩織とミーアキャット。
9

ミーアキャット
10

水上ジェットコースター「カワセミ」搭乗直前、満面の笑みの有安杏果&玉井詩織と、引きつった笑みを浮かべる高城れに。
11

高城れにを強引に「カワセミ」へと誘う有安杏果と玉井詩織。
12

「カワセミ」搭乗直前の高城れにと玉井詩織(写真左から)。
13

「カワセミ」に乗り込む3人。
14

「カワセミ」搭乗中の様子。
15

「カワセミ」でコースを1周してきた有安杏果、玉井詩織、高城れに。
16

有安杏果、玉井詩織、高城れに。
17

「カワセミ」搭乗直後、完全に表情をなくしていた高城れにを笑顔で見守る有安杏果と玉井詩織。
18

高城れには「カワセミ」に乗って以来、しばらく動揺の色を隠せなかった。
19

ゲームコーナーでは射的に挑戦。
20

射的コーナーで玉井詩織は見事2つの景品を射止めた。
21

観覧車「エマさんのチーズ風車」に乗り込んだ3人。
22

有安杏果、玉井詩織、高城れに。
23

「子供祭り」の会場、ハッピーオンステージのエントランスでの3人。
24

ハッピーオンステージの客席に座る高城れに、玉井詩織、有安杏果(写真左から)。
25

ハッピーオンステージで、園内を案内してくれた東武動物公園の職員と記念撮影。
26

園内を闊歩する3人。
27

有安杏果、高城れに、玉井詩織(写真左から)。
28

高城れに、有安杏果、玉井詩織(写真左から)。
29

有安杏果、高城れに、玉井詩織(写真左から)。
30

玉井詩織
31
32
33

有安杏果
34
35

高城れに
36

高城れにと有安杏果(写真左から)。
37

東武動物公園のシンボルアニマル、カバの像の前でポーズをとる3人。
38

東武動物公園のマスコットキャラクター、トッピーのオブジェと一緒にカメラに収まる3人。
39

玉井詩織、高城れに、有安杏果(写真左から)。
40
クイック・ジャパン Special Issue ももいろクローバーZ ~The Legend~ 2008-2013 ももクロの美学~〈わけのわからなさ〉の秘密~ (廣済堂新書) 入口のない出口 (初回限定盤A) 入口のない出口 (初回限定盤B)